FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

埋もれた歴史の浜、マキブーを訪ねる


 歴史に記される伊良部島への最初の移住者は、1310年に宮古島の久貝村からやってきた。小さな村をつくり、ふるさとと同じ久貝村と称した。(『宮古島旧記』という古い本にそう書いてあると『伊良部村史』が言っているので、とりあえずそう読み取っておくことにします。)
 今は消えうせたその村の浜を「マキブー(牧の入り江)」という。何家族もが小舟に乗ってたどり着いた歴史の浜である。
 展望台牧山のがけの下方にあり、島の外周道路から浜辺までは、鎌を手に藪こぎするしかない。原住民エージさんの案内なくしてはとても到達不能だった。
 マキブーは、ただひっそりとしていた。小さく美しい浜で、アカウミガメが海に向かって息絶えていた。卵を産み終えて、ほっとしているような姿だった。
2008/03/04 02:33|民俗・行事TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/83-9939a180

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.