FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

古書店の敷居


 入り口には、「見るだけの人はお断り」の旨、札が掛けてある。最初に入ったとき、「本が崩れるから触らないで」と奥さんに叱られた。宮古島で唯一の古本屋である。
 2度目。ある短編集がほしくて、めげずにドアを開け、思い切って書名を奥さんに告げると、奥からあっという間に目的の本を探してきた。
 3度目。奥を見せてくれと申し出ると、狭い通路から先の蛍光灯がともされ、書房の全容を観察することができた。「本に触るな」とは言われなかった。
 4度目。「こんなの、ありませんかね」と3度目に話していた本を、どこから調達したのか、いつもレジに座ったきりの旦那がにっこり笑って見せてくれた。以来、私は店の中を自由に歩き回り、ゆっくりと古本の匂いを嗅げるようになった。
 宮古島に行くと必ず立ち寄る『麻姑山書房』である。何と読むか、まだ少し遠慮があって聞けないでいる。
2008/01/29 01:14|日常TB:0CM:3
コメント
この本屋さんから 芥川龍之介が着流しで出てきそうです。
うめ #-|2008/01/29(火) 20:36 [ 編集 ]
『まこやましょぼう』って読むのです♪

それにしてもずいぶんと植物が生い茂っていますね。

雰囲気があって良いですねえ。

とっくに潰れたかと思ってましたよ♪

ココの店の夫婦に認められたら、チョットしたものですよ。素晴らしい♪
あだんや #-|2008/01/30(水) 19:28 [ 編集 ]
助かりました。なんと読むのかなどと聞いたら出入り禁止になってしまいそう。それは冗談として、蔵書はたいしたものです。古本屋にふさわしい愛すべきご夫妻です。
ラテおじ #-|2008/01/31(木) 00:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/58-a5c40e44

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.