FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

沖縄三女性のものがたり

IMGP6954okinawa.jpg
 アマカの本棚から、沖縄に生きた三人の女性を巡るノンフィクションをご紹介します。

   *   *   *

『美麗島まで 沖縄、台湾 家族をめぐる物語』(与那原恵・ちくま文庫)
 著者の家族の歴史をたどる旅。祖母夏子は松井須磨子の劇団「芸術座」に所属した沖縄初の舞台女優、その夫南風原朝保は森鴎外の日記にその名が出てくる医師だった。朝保の弟朝光はご存じ沖縄屈指の画家。家族の物語に沖縄、日本、台湾の歴史が交錯する。

『ナツコ 沖縄密貿易の女王』(奥野修司・文春文庫)
 終戦から数年間、占領下沖縄に密貿易の時代があった。世にケーキ(景気)時代という。糸満生まれの金城夏子は「女親分」として密貿易に携わった。苦しい時代に、沖縄庶民のたくましきエネルギーを象徴する存在だった。物語は、沖縄諸島を中心に日本、台湾、香港、マカオ、上海などにも広がる。

『沖縄独立を夢見た伝説の女傑照屋敏子』(高木凛・小学館)
 照屋敏子は、作家大宅壮一が「沖縄に男あり」と評した女傑である。糸満漁法による船団を組織して名を馳せ、「奇跡の1マイル」那覇国際通りで宝石とワニ皮を扱う「クロコデールストア」を構えた。敏子は「沖縄は日本のものでもアメリカのものでもない。琉球人のもの。独立すべきだ」と夢見ていた。

   *   *   *

 たくましくも哀しい沖縄女性のものがたり。
 3冊の本はそれぞれ独立したノンフィクションでありながら、3冊で1冊の本とも読めます。
 与那国島や台湾にもきっと行ってみたくなります。
 
2013/03/22 15:34|歴史TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/394-f95e3578

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.