FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

現役の古井戸

IMGP6939.jpg
IMGP6576.jpg
 島のサトウキビ畑のあちこちが、バリカンが入ったようにすっきりしてきました。
 農家のキビ刈り作業は大詰めです。

   *   *   *

 伊良部島字伊良部にフナパガーという古井戸があります。
 15世紀ころの開削とされ、近くのフナパ村、ウポザト村、ウポドウ村の中心にあったといいます。
 この井戸に祀られるのが女神。先にご紹介したカンザトガーの男神とともに「夫婦神」として信仰を集めてきました。

 さてこのフナパガー、数百年を経ていまでも現役です。
 階段を10メートルも下りると、透明な地下水がそよそよ溜まっているのが見えます。

   *   *   *

 フナパガーからくみ上げた水は、この時期だけ稼働する伊良部製糖工場へ送られ、ボイラーの冷却などに使われます。
 製糖工場の設立が1962年(昭和37)のことですから、かれこれ50年ほど島の主要産業に役立っているわけです。

 自転車で井戸巡り。
 カンザトガー→ダキフガー→フナパガーとご案内します。
 

(*いろいろと教えていただいた伊良部長距離会クガイ会長に感謝申し上げます。)
2013/03/19 17:51|歴史TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/393-d31729bb

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.