FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

カンザトガー(神里井戸)

IMGP6938kami.jpg
 伊良部島の佐良浜地区に水道が敷設されたのが1966年(昭和41)、島の7部落全部に送水が行きわたるのがその4年後のことといいますからそれほど昔のことではありません。

 それ以前は、雨水もしくは共同井戸が庶民のよりどころでした。
 ダキフガー、フナハガー、コヤガー、アラガー、サバウツガー、ンマガーなどが共同井戸として『伊良部村史』に載っています。
 (「ガー」は「井戸」の意。全部の所在地を確認したわけではありませんが、いくつかは井戸跡として残されています。)

   *   *   *

 カンザトガー(写真)もその一つです。
 地上から5メートルほどの深さに大きく掘って石段と垣を組み、底に井戸本体があります。
 説明書きには、「15世紀の開削で、今でも『生まれ元島の水』として神事に使われている」とありますが、井戸はすでに土で埋められており、水の姿は見えません。
 あるいは、ここで神事だけが引き継がれているのでしょうか。

   *   *   *

 自転車で旅行している大学生カップルといっしょに、伊良部島の古跡を巡りました。
 すっかり初夏模様。自転車に一番いい季節の訪れです。
 
2013/03/17 11:07|歴史TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/390-1d9adfe4

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.