FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

伊良部島のトンネル


 足もとの悪い真っ暗闇のトンネルを、頭をかがめて歩くこと30メートルほど。
 ぽっかりと開いた出口からは、宮古島平良港方面と青々とした海峡を額縁絵のように見ることができます。
 出口は崖の中腹にあり、すぐ下には手つかずの原生林が広がっています。

 宮古島方面から上陸する敵軍を撃つには格好の場所であったと思われます。

   *   *   *

 伊良部島にも太平洋戦争の爪痕がいくつか残っています。
 件のトンネルは、軍が数カ月をかけて掘り進めました。
 1944(昭和19)年から翌年にかけてのことです。
 兵員だけではこと足りず、村の青壮年が召集されました。
 ツルハシ、石斧、金棒を持参のうえ汗水を垂らした挙句、開通とともに終戦を迎えたそうです。

   *   *   *

 トンネル入口は、伊良部島牧山展望台のすぐ下にあります。
 付近に草ぼうぼうの遊歩道があるので、探検気分で散策してみるといいでしょう。

 一つ付け加えておきます。
 非公式な調査ながら、伊良部島の空襲被害は死亡3名、住宅焼失7軒、家畜二十数頭、伊良部・佐良浜国民学校校舎破壊、畑地に着弾痕数か所との報告があります。

   *   *   *

 意外と博識クガイ会長に案内していただきました。
 まだまだ続きます。
 
2012/04/11 11:16|歴史TB:1CM:2
コメント
そんなところがあるんですね~
トンネルとか好きなんで探検してみたいですけど
幽霊が怖いです・・・見えないですけど
宝 #-|2012/04/25(水) 00:40 [ 編集 ]
私といる限り幽霊は出ません。
一度も会ったことがありませんから。
風が通り涼しい場所です。
らておじ #-|2012/04/26(木) 01:37 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 足もとの悪い真っ暗闇のトンネルを、頭をかがめて歩くこと30メートルほど。 ぽっかりと開いた出口からは、宮古島平良港方面と青々とした海峡を額縁絵のように見ることができます。 出口は崖の中腹にあり、すぐ下には手つかずの原生林が広がっています。 宮古島方面か...
まとめwoネタ速neo 2012/05/06(日) 02:11
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/349-8159dbc1

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.