FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

元島のたまいし(伊良部島)


 伊良部島西側の高台。
 風が通り、下地島方面の穏やかな海がかなたまで見渡せます。
 サトウキビ畑の真ん中に、6、70センチほどの石が祀るように置かれています。
 霊石(たまいし)と呼んでいます。
 
 いつもは繁るサトウキビの葉に隠れているので、収穫が終わった春から夏の間にしか見ることができません。

   *   *   *

 あたりには、いつのころまでかは不明ですが、集落がありました。
 「元島」という部落だったそうです。
 霊石の置かれている隣の畑の石垣では、今でも瓦や土器のかけらを見つけることができます。
 集会所跡だといいます。

   *   *   *

 『伊良部村史』によれば、伊良部では部落のことを「スマ」といいます。
 してすると、元島(もとじま)という名からは、伊良部の元となるようなかなり古い部落が想像できないでしょうか。

 この石。
 信仰にかかわる霊石説のほかに、村長の娘の化粧台、裁判所のものなどの俗説があります。

   *   *   *

 意外と博識クガイ会長に案内していただきました。
 まだまだ続きます。
2012/04/07 09:55|歴史TB:1CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 伊良部島西側の高台。 風が通り、下地島方面の穏やかな海がかなたまで見渡せます。 サトウキビ畑の真ん中に、6、70センチほどの石が祀るように置かれています。 霊石(たまいし)と呼んでいます。  いつもは繁るサトウキビの葉に隠れているので、収穫が終わった春?...
まとめwoネタ速neo 2012/05/06(日) 02:11
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/348-81a8e739

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.