FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

なうしいがー、ざうかんも


 伊良部島には5つの方言があります。
 (らしい)
 1周30キロ程度の小さな島なのに、部落ごとに言葉が違うのです。

 たとえば、「調子どう? 元気ですか」というあいさつ。
 私の住む部落では「なうしいがー、ざうかんも」といいます。
 それが、港に近い部落では「なうばいやいば、じゃうかんな」。

 微妙に違う、いや、私にはぜんぜん違う。
 
  *  *  *

 伊良部長距離会のエース、ケンゴさんから聞いた祖父母の話。

 オジイとオバアは、隣り合ってはいるが別の部落の出身です。
 やっぱり女性は強かった。
 長年連れ添った結果、二人はオバアの部落の言葉で話すようになりました。
 オジイは最近そのことに危機感を持ち、自分の部落の言葉を思い出そうとしているそうです。

  *  *  *

 ケンゴさんの奥さんはナイチャー(大和人)です。
 夫婦間の会話は、私の聞くところでは標準語っぽい。
 でもケンゴさんはオジイ・オバアとは何語で話し、奥さんとオジイ・オバアは?

  *  *  *

 私は島に2年間住んでいますが、リズムといい発音といい単語といい、伊良部語にはお手上げです。
 集まりなどで方言の会話の中に入るとまるで外国人。
 それがまた居心地よかったりして。
2009/05/27 11:28|民俗・行事TB:0CM:4
コメント
伊良部島には7部落あるので、それぞれ方言が違うという話を聞いたことがあります。
方言はいまだに全く理解ができませんね。
irabunchu2006 #-|2009/05/28(木) 09:38 [ 編集 ]
わずか6000人の島なのに複雑怪奇な方言世界ですね。
ルーツの違いによる方言のようですが、それでもオリジナルの言葉は薄らいでいると聞きます。これからどうなるのでしょうか。
ラテオジ #-|2009/05/28(木) 12:24 [ 編集 ]
伊良部の行った店で話しかけられたけどさっぱりでしたね~
どこ行っても離島のおじいとおばあの話はわからんす
宝 #-|2009/05/28(木) 21:50 [ 編集 ]
オジイとオバアだけならいいのですが、40歳以上くらいはたいてい方言のみで話します。方言というより外国語ですけれど。
ラテオジ #-|2009/05/29(金) 00:04 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/216-3549c60b

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.