FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

伊良部島のアバサー汁定食


 アバサー汁定食1300円。
 ランチタイムならコーヒーがつきますが、伊良部島にしてこの価格はけっして安くはありません。
 でも。

  *  *  *

 アバサーとはハリセンボンのこと。
 これを島では味噌仕立ての汁にする。

 鋭い針が密集して突き出ている皮をはぐと、ハリセンボンは白い丸裸になる。
 それを適当に、内臓ごとぶつ切りにして煮るだけ。
 盛り付けるときにネギやヨモギをぱらっと散らす。
 シンプル!

 (ゼラチン質の皮は「通」好み。しかしトゲを一本づつペンチで抜いてから皮をはがなくてはならない。普通は、トゲ抜きがめんどくさいので一緒にはいで捨ててしまう。アバサー汁に皮は入れないのだ。皮は、内臓と
炒めたり煮つけたりしてして泡盛のつまみにすると絶品である!!)

 汁の中のハリセンボンは、魚ではなく、何かの骨付き肉のようである。
 歯ごたえがしっかりし、伸びるような弾力がある。
 骨離れが悪いので、手にとってちゅうちゅうしゃぶりつくといい。
 一口食べては、汁をレンゲですくってズズーッ。
 いいダシが出てる!!
 たまらん、たまらん。

  *  *  *

 ハリセンボンて、針がなければフグです。うまいわけです。

 伊良部島フェリーターミナルのすぐ近く、佐良浜魚港市場の真ん前に食堂「あぎやー」はあります。
 アバサー汁定食には、写真のようにカツオ刺身、もずく、おしんこがついています。
 日替わりランチならコーヒーつきで500円です。
2008/12/01 15:50|食べ物・飲み物TB:0CM:7
コメント
へ~針がないならふぐなんですか! 

年末年始も宿は営業ですか!?
宝 #-|2008/12/01(月) 20:20 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2008/12/01(月) 22:55 [ 編集 ]
ハリセンボンは見た目こそフグに似ていますが、フグではありません。
フグ目・ハリセンボン科(Diodontidae)に分類される魚の総称だそうです。
(フグの仲間ではありますが、無毒です。)
従って「フグ調理師免許」持っていなくとも、料理出来ます。
cyah #3QoNeXxQ|2008/12/01(月) 23:03 [ 編集 ]
フグそっくりですが、cyahさんが説明してくださったような分類だそうです。

宿は年末年始、休みなく営業です。
というか、開けているだけですが。
ハリセンボン鍋で年を越すことにでもしましょうか。
ラテおじ #-|2008/12/02(火) 01:05 [ 編集 ]
内臓までぜんぶ食べました。
こんどは丸ごと買って自分で料ってみたいと思います。

それと、スパムメールへのアドバイスありがとうございました。
さっそく「文字認証」をONにしました。
ラテおじ #-|2008/12/02(火) 01:10 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2008/12/02(火) 13:45 [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2008/12/04(木) 00:51 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/185-d5295eb2

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.