FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

伊良部島にもサンゴ大陸があった!


 「わー、すごーい!」
 「うひゃー!!」
 島に生まれ島に育ったS・イサム船長も、島を知り尽くしているはずのジェニーAも、水中眼鏡をのぞいて大はしゃぎだ。
 「このテーブルサンゴは3メートルはあるよー」
 「青い枝サンゴもきれいだなー」
 そのサンゴが折り重なっては広がり、どこまでも続いている。
 まるでサンゴの大陸だ!

  *  *  *

 その日の朝、ジェニーが私の家に現れた。
 「なんだかこのところやる気が出ないんだよね」
 いつになく元気がない。
 愛妻ミッちゃんに、きびしく尻を叩かれたのだろうか。
 それはさておき。
 「ジェニー、『暗黒の洞窟』**以来、冒険してないよね」
 私はいつも、しがない火付け役にすぎない。

 そのすぐあとジェニーAは、S・イサム船長に謀議を持ちかけたらしい。
 伊良部の新しい魅力を発掘しようと、この二人はいつも何かをたくらんでいる。
 頼もしき伊良部人である。

 午後一番に携帯が鳴った。「出かけます」
 確か、東海岸沖合いに大きなサンゴ礁があったはず、ということらしい。
 二人のおぼろげな記憶をたよりに、この日の探検が始まった。

  *  *  *

 海に生きるS・イサム船長は、船の上から海の底が見える。
 光の具合が違うのだ。やや薄い青、黄緑、黒っぽいところを見分けて、浅瀬や深み、サンゴ礁のありかを判断する。もちろん私にはさっぱりわからない。

 ジェニーAとあっちだこっちだ言いながらグラスボートをゆっくり進める。
 船外機をつけたグラスボートだからこそ、干潮の浅瀬もなんのその。
 ひもに結ばれて引っ張られるシーカヤックの出番は、もう少しあとのことだ。
 
 (**7月21、22日の当ブログ参照)
2008/08/31 15:39|自然TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/170-e4d84212

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.