FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

ホーミーの真意は


 エージ方言教授の三兄のうちの真ん中の兄上が、同僚やirabunchuさんとゲストハウスの激励に訪ねてくれた。宝貝に話題が及ぶと兄上は大笑した。「エージにやられたな。島人の前でホーミーとかヒーとか声に出してはいけない」
 女性自身を指すのだそうである。「宝見」、なるほど「宝を見る」か。ありがたや。『海上の道』にも、室町時代の呼び名としてソソ貝だのベベ貝だのがあげられていた。
 それにしてもエージ教授(写真)、あの紳士的口調でよくぞ教えてくれました。兄上によると、伊良部島でも、沖縄で一般的な呼び名「シビ」あるいは「シビー」でいいのだそうです。異称としてホーミーも通用するのか、エージ教授に問い質すぞ!
2007/12/17 10:17|民俗・行事TB:0CM:8
コメント
昨夜は楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。
今度良ければ宝貝拾いに行きましょうね。
irabunchu2006 #-|2007/12/17(月) 13:40 [ 編集 ]
Irabunchuさんにはまた大量にローゼルをいただきました。今度は奥さんとご一緒にお出かけください。
ラテおじさん #-|2007/12/17(月) 15:08 [ 編集 ]
ラテおじさんへ、ブラジル人サッカー選手にカカの愛称の選手がいますが、カカは南米では、まったく違う意味で使われていませんでしたか。私は人前でカカとは言えません。
ばるぱらいそ #-|2007/12/17(月) 19:57 [ 編集 ]
ははは、やっぱりそっちの方向に話が 流れましたね。
ところ変われど、貝の呼び名は 要注意ですね。
フランス語でムール貝は それにあたります。
男性が 僕ムール貝好きと言う時は 必ず 複数にして、ゆめゆめ定冠詞のLAをつけてはいけません。
ましてや あなたのなんて先につけると これで あなたの一生の評判が決定してしまいます。
ところで 一見豚らしき写真は いったいなんでしょうか。
この前のエージ教授は もちょっと いい男だったとお見受けしましたが。
それとも ラテおじさんの ハライセでしょうか。
うめ #-|2007/12/17(月) 20:08 [ 編集 ]
ばるぱらいそ様。スペイン語圏では完全にウンチですね。ポルトガル語はどうなのでしょう。
ラテおじさん #-|2007/12/17(月) 20:33 [ 編集 ]
ムール貝にlaをつけてフランス語で発音してみたい。フランスへ行くのがまた楽しみになった。
ラテおじさん #-|2007/12/17(月) 20:34 [ 編集 ]
こんにちは、ばるぱらいそさん、
南米というとスペイン語で そっちは わかりませんが、フランス語でカカ(CACA)は 文字通り 雲古です。
もちろんつづりは かわいそうな カカ(KAKA)選手と違いますが。
下ねた好きのフランス人は カカくらいでは 顔を赤くもしません。



うめ #-|2007/12/17(月) 20:37 [ 編集 ]
うめ様、ラテおじさん、暖かいご返事ありがとうございました。
次回は「九州で馬鹿うけしたプロレスラーは誰?」でいきましょうか。
ということでそれではまた。
ばるぱらいそ #-|2007/12/18(火) 21:25 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/16-95913acd

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.