FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

受難! 青の洞窟


 火が出るほど、側頭部を岩場に打ちつけた。
 いつもより力が入ったのか、利き手の手首がこわれた。

 もう何度も青い洞窟ツアーには同行しているので、いっちょ前に舟を操れるつもりでいた。
 また、性懲りもなく、同じことを申します。海をなめていました。
 その日は、波は立っておらず一見穏やかに見えたのだが、素人目にはわかりづらい重い「うねり」があった。
 うねりは、カヤックを不規則に揉み上げた。青い洞窟入り口は、上下左右、カヤックがやっと通れるほどの大きさしかないのだが、その入り口水位を片時も安定させてくれない。

 キミマロ船長の艇でさえ、試しては戻り、何度もためらったあげく、やっと進入できたほどの難度だった。
 からだを仰向けに倒しても上部の岩に挟まれんばかりにうねりはカヤックを持ち上げた。

 ふだんは穏やかなはずの洞窟内部でも、うねりの影響で舟は揉まれた。狭いので、舟の微妙な操作が難しい。 同乗者に「頭に気をつけて!」と注意を促したとたん、私が耳の上をぶつけた。「今、音がしました」と同乗者。割れそうに痛かった。

 洞窟から出るとき、さらに大きなうねりがこちらに向かってきた。
 原住民にしてハーリーの名漕手でもあるキミマロ船長は、波の呼吸を測るように上手にクリアした。一方、脱出するのに精一杯の私はそんな余裕もなく、舟底を岩にガツン! そしてガリガリ! すごい音がした。
 船長のゆがむ表情が、必死の私の目の隅に映った。
 (私たちを心配してのことか、舟を心配してか、それは船長しかわからない。)


 今は、痛みは引いたもののあごを引っ張る筋肉にダメージがあって、口が大きく開きません。物が噛めません。手首は腫れて曲がりません。
 船長! しばらく休ませていただきます。
2008/06/29 15:14|自然TB:0CM:2
コメント
ネットのアクセスが トラブってたのですが、きょう やっと 直りました、
その間に なんとまあ、大変でしたね。
骨は大丈夫ですか?
つぶした豆腐なら 噛まなくて 食べられそうですが。
やっぱりカヌーは救命胴衣、それと こんどは ヘルメットも追加ですね。

うめ #-|2008/07/02(水) 03:07 [ 編集 ]
ハーブ園を営むちかさんからアロエベラの見舞いがあり、手首に貼り付けました。
ラテおじ #-|2008/07/02(水) 07:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/152-85665a60

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.