FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

ハーリーで自分も水没・つづき


 折り返し点を回り、なんだか舟が左右に揺れた。浸水がいやに多くなったと思う間もなく、私たちは右舷の海に放り出された。
 ここまでは、まあ一連の流れといおうか、何も考える余地はない。ウァーとかヒャーとか大きな声をあげて、夢中で舟底にしがみつく。同乗のつわものも、さすがに目を丸くして顔を見合わせ、舟にぶら下がっている。
 ぶらぶらする足下の海は濃紺。いかにも深い色である。
 リーダーの合図で、舟を復活させる作業に入る。底を見せている舟をひっくり返すのである。

「え、え、俺どうすりゃいいの」と頭は混乱するが、訴える暇はない。
 自分の側に舟が回転すればまだ良かったのかもしれないが、非情にも舟底は逆方向へ、高く遠く、私の手から離れて行った。頭に大量の水をかぶったかと思うと、泡立つ水面を見上げていた。
(今思えば、海底に消えるデカプリオ状態!)

 もがいて、手がどこかに引っかかったのですかね。潮水を二口ほど飲んであまりいい気分ではありませんでしたが、顔は水面に出て、右手は舟べりを握りしめていました。
 港からエンジンつきの船が救助に来てくれました。
 港は、迎えてくれるものなどなし。表彰式や慰労会の準備やらで忙しそうでした。

 *百年を超える伝統の伊良部島佐良浜ハーリーは5分会対抗戦です。5艘の爬龍船にそれぞれ1回づつ乗って5レースを行い、総合得点を競います。転覆したのは、相当気合の入った最終レースでした。
 *写真は爬龍舟の練習風景です。 
2008/06/12 10:43|民俗・行事TB:0CM:4
コメント
ハーリー船の転覆から タイタニックの沈没に発想が移行し、その上 自分を 恐れ大くもディカプリオ様にたとえる余裕(いや、あつかましさ)が あるのなら トラウマの心配は なさそうですね。
転覆前の現象は わたしが カヌーでひっくり返った時と 同じです。
まさに あれよ、あれよのうちにという表現が ぴったりでした。
親船のにいちゃんは へらへらと笑っているばかりで 助けにもきてくれませんでした。 
世の中に泳げない人間がいるなんて 頭にないんでしょうね。
うめ #-|2008/06/12(木) 17:57 [ 編集 ]
翌日、シーカヤックでまた海に出ました。車にシートベルト、舟にライフベスト!
管理人 #-|2008/06/13(金) 11:46 [ 編集 ]
泳げなかったとは・・
運動何でもできると思ってましたv-12
ビックリです!

そちらに行った時は、ぜひぜひ
シーカヤック大好きなので、乗りたいですねv-237
夏女 #-|2008/06/16(月) 15:23 [ 編集 ]
去年初めて、人は水に浮けるものだと知った次第です。浮けるから泳げるに行くには、またとてつもないギャップがあるのですね。
管理人 #-|2008/06/17(火) 01:32 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://casadehamaca.blog89.fc2.com/tb.php/148-fee474a2

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.