FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

2016/9/28 Mi platano grande 俺のバナナ

DSCF6901.jpg
Kさんから自家栽培の「三尺バナナ」をいただきました。
残念ながら名産「島バナナ」はすぐに*チャミられるので在庫はないそうです。

こうやって吊るしておくと数日で食べ頃に熟します。
ただ一気に熟すので一気に食べなければなりません。
難点です。

(*注)チャミる=盗む、がめる
スポンサーサイト



2016/09/28 09:16|食べ物・飲み物TB:0CM:0

La noche de plenilunio 十五夜の祭り

DSCF6855.jpg
DSCF6886.jpg
男の集団は4組。
ネ組、トラ組、サル組、ウマ組と染められた幟を先頭に広場に入場すると、
甲高い鉦と謡いを合図に「棒振り」が始まりました。
男たちの気合と、おそらくは武器であろう棒と棒を叩きあう乾いた音が静かな夜に響きます。

時はすでに10時。
中秋の名月が天の真ん中まで上っていました。
国無形民俗文化財指定。
勇壮な棒踊りで知られる宮古島「野原(のばる)のマストリャー」です。

棒振りに付き従うように舞う紺絣の女性たちがまたいい。
半数がクバの扇を優雅にひらひら。
半数が四つ竹でかちかちリズムを刻んで集団を締めている。
2016/09/16 17:07|民俗・行事TB:0CM:0

Una experiencia 宮古上布体験

johu5.jpg
johu3.jpg
8月のある日、宮古伝統工芸品研究センターで宮古上布の初歩作業を体験してきました。

宮古上布は、琉球王朝に税として上納していた高級織物です。
一反織るのに数か月かかり、昔から、庶民の手の出る品ではありませんでした。
男物の着物が見本に飾ってあったので、係の人に「30万円くらいで買えますか」と聞いたところ、「その十倍はします」と言われました。

繊維は苧麻という草から採ります。
本日は、乾燥した表皮から繊維を一本一本取りだす地道な体験です。
ベテランのおばあが丁寧に教えてはくれましたが、全然はかどらず不向きだと思いました。
2016/09/12 10:36|TB:0CM:0

2016/9/5 Una tarde 今年は違う

DSCF6795.jpg
静かではありますが、何だかもう一つなあ、という夕焼けが続いています。
この日は冴え冴えとした三日月がアクセントでした。
傍らに宵の明星を従えていましたがレンズでは捕らえきれませんでした。

台風が来ないので海水温上昇。そのせいか何かもわっと暑い、サンゴは白化。
雨が降らないのでホタルや蚊が少ない。

いつにない夏は、まだ終わりません。
2016/09/05 09:05|自然TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.