FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

骨折につき応援に回りました

DSC01647miya.jpg
 最近ヤマトはマラソンブームなんですってね。
 都会での大会には何万人の定員にその何倍万人ものランナーが応募して、通ったの落ちたのと一喜一憂されているようです。

   *   *   *

 フルマラソン596人、ハーフマラソン809人。
 第4回宮古島マラソンのエントリー数です。
 いい規模ですね。これがマラソン大会ってものです。

 スタートラインに到達するまで何十分もかかるようなことはありませんし、
 ひしめく人をかき分け押し分け走ることもありません。
 気持ちよく走れます。

   *   *   *

 チーム・アマカ、今年も走りました。

 リエさん(愛知)は、伊良部島を裸足で走ったことがきっかけでランニングを始めました。しかも初レースがフルマラソンという果敢な心意気。この風、この気温で5:12:16は驚きです。伊良部長距離会ナンバー2のゴウさんが、後半抜かれるかとビビッたそうです。

 ハーフに2年連続出場のユエさん(東京)はもちろん完走です(いつも申し上げていることですが「完走」とは一歩も歩かずにゴールすることです)。食い道楽を追求しているだけに、記録がやや前年を下回ったことが悔やまれます。2:41:57。来年に期待します。

 Yさん(埼玉)は私より年上のお兄さんですが、体の故障を乗り越えての初レース。事前に何度も電話で練習方法を問い合わせてくるほどの「過剰な」熱心さ。食事やサプリまでこだわり抜いた甲斐があってかどうか何とかゴールされました。

   *   *   *

 私は左足第四趾骨折という体たらくで応援に回りました。
 手を叩きながら思いました。
 遅かろうが速かろうが構わない。走るってカッコいい。

(写真=伊良部長距離会、チーム・アマカの面々)
 
スポンサーサイト



2013/10/25 01:15|民俗・行事TB:0CM:3

ためしに800メートルを走ってみませんか

IMGP7962.jpg
 2分47秒0。
 先の日曜日におこなわれたオール宮古陸上競技大会・女子800mの優勝タイムです。
 100m20秒のスピードを800m持続するのですから、こんなローカルな大会とはいえ速いですね。
 私がいくら頑張っても3分20秒程度(100mを25秒)です。とても追いつきません。

  *   *   *

 チーム・アマカ長距離部員、宮古島A歯科院長夫人たまちゃんは、かなり以前のお話ではありますが中距離ランナーとして鳴らしたそうです。
 今や2児の母。いくらか太めの見栄えはご愛嬌。
 院長いわく「3分は切れる」との触れ込みで、上記800m決勝レースのスタートラインにつきました。
 (写真・ナンバーカード5)

   *   *   *

 トラック一周目の半分くらいまでは中位につけ期待を持たせました。
 あとはずるずると後退する一方。
 ビリでした。記録3分47秒6.

 よくある昔話とお笑いになってはいけません。
 あなた! 試しに走ってごらんなさい。
 
2013/10/16 10:18|民俗・行事TB:0CM:0

カヤフィァの落日

IMGP7942kayafia.jpg
 太陽がどんどん西南側に傾き、カヤフィァ(通称中之島海岸)からの夕陽がきれいな季節になりました。
 陽は多良間島方面に落ちます。

   *   *   *...

 湿気の少ない日に双眼鏡を携えると、島影は無理ですが、多良間島の鉄塔(電波塔でしょうか)をとらえることができます。

 湾内には北風が入らず、穏やかな落日を楽しむことができます。
2013/10/11 08:19|自然TB:0CM:2

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.