FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

薩摩の侵攻


 伊良部島では、子どもの卒業祝い、成人祝い、孫の誕生祝いなど家族にまつわるお祝い事は、ほとんど自宅で催します。
 うたげは、特に何時から何時までと決まっているわけではありません。
 招待を受けたときは、ちょっと身なりをただし、3000円ほどのご祝儀を懐に入れ、三々五々お祝い宅へ向かいます。

   *   *   *

 広間にセットされた宴席には男性しか座れません。
 女性席はわきの別室か台所あたりにちんまりと設けられています。

 たとえ夫婦でお祝いに伺ったとしても別々の席に通されます。
 当初、私は真っ先に「男尊女卑」という言葉が浮かびました。

   *   *   *

 江戸時代初め、薩摩藩は貿易権益などを狙って琉球に侵攻し、以来2世紀にわたって王国を実効支配しました。
 薩摩藩は、宮古島にも役所(在番)を置き、厳しい年貢と労働力の徴発を強いる一方、民間信仰行事や百姓男女が参集して踊るクイチャーなどは農耕を疎かにするとして禁止しました。

 また、薩摩の小役人を通じてヤマトの流儀、特に薩摩文化が宮古島の有力者層にかなり流入しました。

   *   *   *

 鹿児島といえば、いまでも男性至上、男尊女卑風俗があれこれ取りざたされるお国柄です。
 伊良部島での宴席男女格差は、沖縄の伝統的文化だとはとても思えません。
 伝統は、神事においてそうであるように、むしろ女性上位です。
 私の見立てでは、江戸から明治初期にかけての薩摩支配の影響がうたげの席に残っている。

   *   *   *

 写真は、先日アマカで行なわれた伊良部長距離会忘年会の様子です。
 もちろん男女同席。
 
スポンサーサイト



2012/12/22 15:12|未分類TB:0CM:4

申し込み締め切り迫る!! 12月27日まで



●第14回ロマン海道・伊良部島マラソン 

2013年2月24日(日)開催

申し込み期間:~2012年12月27日(木)
問い合わせ:伊良部島マラソン事務局 電話0980-78-5513
2012/12/19 11:34|未分類TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.