FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

言葉はいろいろ違っているが


 伊良部よいとこぜひおいで
 人情豊かな島の人
 言葉はいろいろ違っているが
 みんな心で音頭とる

 『伊良部島小唄』(作詞・作曲譜久島淳慈)の四番です。

   *   *   *

 私は聞き分けられないのでいくつかは断言できませんが、
 人口6000の伊良部島に、四つか五つのの方言があるそうです。
 近くの宮古島や池間島だけでなく、八重山、沖永良部などからの移住の歴史があるからです。

 たとえばこんなです。
 「どう、元気にしてますか」という挨拶を、北区(佐良浜)では、「ナウバイ・ヤイバ・ジャウカンナ」、
 私の住む南区国仲部落では「ナウシーガー・ザウカンモ」と申します。
 共通しているのは文頭のnowだけですね。

   *   *   *

 違う部落の男女が結ばれるとどうなるか。
 あるオジイは、結婚してこのかた、家の中ではオバアの部落の方言で話しているそうです。
 円満の秘訣ですね。

 『伊良部島小唄』を作詞・作曲した譜久島淳慈さんが東京の舞台に立ちます。
 近郊の方々、ぜひお集まりください。
 http://mukeibunka.com/stage/stage4/
スポンサーサイト



2012/05/30 10:04|民俗・行事TB:1CM:0

伊良部島小唄


 『伊良部島小唄』(作詞・作曲譜久島淳慈)の一番をご紹介します。

 自然豊かな沖縄の
 はるか南の伊良部島
 互いに人格尊重し合い
 共に栄える農漁業

   *   *   *

 伊良部島の集落は、佐良浜港(写真)を中心とした島の東側と、渡口の浜から佐和田の浜周辺の西側と、二つに大きく分かれています。(島の中央内陸部はほぼサトウキビ畑です。)
 そしてなぜか、東側を「北区」、西側を「南区」と呼ぶならわしです。
 どう考えても不思議ですが、ここではこの話題に触れません。

 さて。
 北区は漁業、南区は農業が盛んです。気質は違うし、伝統行事も異にしています。
 はっきり言えば別の国。
 島を挙げての行事を組みにくいという話を耳にしたことがありますし、お互いが微妙な対抗意識を持っています。
 たとえば、毎年恒例秋の地区対抗運動会などでは(かつてほどではないと言いますが)目の色が違います。

   *   *   *

 『伊良部島小唄』一番三句目、
 粋な小唄にしては「互いに人格尊重し合い」というところが、ちょっと教訓的で妙に感じませんか。

 北区南区の関係の、微妙な反映なのでしょうか。
2012/05/23 18:11|民俗・行事TB:1CM:0

澎湖諸島


 おひまでしたらgoogleマップでも開いてみてください。
 伊良部島は、北東の沖縄島、真西の台湾島のちょうど真ん中あたりに位置しています。
 どちらへも、目算では300キロほどの距離でしょうか。

 つい2,3年前までは国際フェリー「飛龍」が就航していて、沖縄へも台湾へも気軽に船旅を楽しめました。   残念ながら、今や飛行機の粗末なシートで窮屈に移動するしかありません。

   *   *   *

 台湾高雄出身のTさんが故郷の離島でゲストハウスを開く夢をお持ちだということを前項でお知らせしたところ、「それはどこだ」あるいは「興味あり」、はたまたできる前なのに「行ってみたい」などというという早まった要望まで寄せられました。
 仕方ない、極秘事項ですがここで離島の名前を教えてしまいましょう。
 内緒です、絶対に他言無用です。

   *   *   *

 澎湖島(日本語読みでは「ほうことう」)。
 台湾島の西50キロにあり、大小90あまりの島々からなる澎湖諸島のメインアイランドだそうです。
 詳細は下記を参照してください。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%8E%E6%B9%96%E8%AB%B8%E5%B3%B6
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BE%8E%E6%B9%96%E7%9C%8C

   *   *   *

 Tさんからは次のようなメールをいただきました。
 本文そのままでご紹介します。

 母はメインアイランドにある馬公という町で十代半ばまで過ごしていました。
 行き方ですが、台北や高雄から飛行機で行くのが一般的です。また高雄港から定期船も出ており、馬公港まで約4.5時間かかります。
 http://www.taiwanline.com.tw/taiwu01.htm
(中国語)
 観光に適した季節は4月~10月で、それ以外は風が強く海も荒れやすいため、島の閑散期になります。
2012/05/15 11:39|TB:1CM:0

台湾よりの使者


 「月よりの使者、月光仮面」
 知りませんよね。
 昭和のアイドルでした。

   *   *   *

 このGW、ちょうど1年ぶりで台湾は高雄出身のTさんが颯爽と現れました。
 身長190センチ近く、細身。大陸系父上の血を引いています。
 自転車にリヤカーといういつものスタイルに、道行く誰もが振り返るそうです。
 (月光仮面はスクーターに二丁拳銃でしたが。)

 留学時代を含めて日本滞在6年ですから、もちろん日本語堪能。
 私の使えない「ちょー●●」も自然にこなします。
 ちなみにTさん、ちょーエリートです。

   *   *   *

 Tさん、こんな夢をお持ちです。
 お母さんが生まれた台湾の離島でゲストハウスを開く。

 その島は、気候が伊良部島によく似ているそうです。
 どうです。
 行ってみたくなりました。
2012/05/05 10:53|TB:1CM:6

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.