FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

液晶テレビだ、自転車だ


 ご要望がありましたので、伊良部仲地夏祭り(25日、26日)のご紹介です。

  *  *  *

 「塩田グラウンド」という芝生の広場の両側それぞれに運動会テントが5つ6つ。
 テントでは、伊良部高校バレーボール部父兄会とかのお母さんお兄さんが軽食や飲み物、おつまみの店を出しています。子供用にはおもちゃ売り、くじ引きのアトラクション。
 適当な位置にブルー―シートで陣取り、私たちチーム・アマカ飲酒部はクーラーボックスのビールを飲んでいます。

 正面ステージでは、青年会のMCでハワイアンダンス、和太鼓、カラオケなどが披露されています。
 私たちはただ、焼き鳥とか焼きそばをおつまみに、ただぼーっとビールを飲んでいます。

 2日目のメインステージは宮古の男性デュオ「はーべすた」のライブ。
 高校生は舞台近くでジャンプしていますが、私たちはカレーとかてんぷらを買ってきて、酔っぱらい相手にビールを飲んでいます。

  *  *  *

 ただし! これだけは気合が入りました。
 液晶テレビ4台、自転車4台、掃除機、扇風機など総額70万円の景品が当たる大抽選会です!
 5枚つづりの抽選券が1000円。景品1個づつの抽選ですから緊張感が漂います。
 私は当選の挙手に備え、シャツを脱ぎ立て膝で待ちかまえました……

 最後の打ち上げ花火も期待以上でじょーとーでした。
スポンサーサイト



2011/08/27 10:13|民俗・行事TB:1CM:2

宮古島のドキュメンタリー映画、表彰台へ


 ――宮古島のスーパーで、カートをもたもた押しているラテに携帯のコール。
 照れくさそうなトーンで監督の声が聞こえる。
 大西「どうも。あの~、えーと」
 ラテ「新聞見ました。おめでとうございます。表彰台! 銀メダルですね」
 大西「メダルは貰ってませんけど、まあそんなところです」
 ラテ「反響はどうですか」
 大西「女性にもてるようになりました。ハハハ…」

 監督は第3のビール「オリオン・リッチ」好きのいい男です。

  *  *  *

 ドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」(監督大西功一さん、原案・監修久保田麻琴さん)が、第64回ロカルノ国際映画祭批評家週間部門で、グランプリに次ぐ「審査員スペシャル・メンション」に選ばれました。
 作品は、古くから伝わる神歌や神事に関わる女性たちを通して宮古の文化・信仰を描いています。

  *  *  *

 撮影現場の宮古島・伊良部島では11月上旬に上映会が予定されています。
 私は、予告編の一部を見せていただいたことがあるだけですが、ゆったり流れる映像の美しさが印象的でした。

 (写真)伊良部島ユークイにて
2011/08/19 10:12|民俗・行事TB:0CM:0

南米からの使者


 島で栽培されているナンコウです。
 (例の、長距離会クガイ会長の畑からいただいてきました。)

  *  *  *

 大航海時代以来、中南米原産の栽培植物が世界中に広がりました。
 ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシなどがその代表です。
 カボチャも、中米から南米にかけての高原地帯が原産だといわれています。
 メキシコやペルーあたりに行くと、今でも野性的なさまざまな種類のカボチャが売られています。

  *  *  *

 さて、このナンコウ。
 見かけはカボチャですが、食べてみると水っぽく、ウリのような食感です。
 ほくほくしたクリカボチャやエビスカボチャに改良される前の、おそらく原生種に近い種類だと思われます。

 中南米から大西洋を渡り、
 ヨーロッパやインドなどを経由し、
 ポルトガル人船乗りが、ちょいと島に立ち寄ったときに、手土産として置いていったのでしょうかね。

   *  *  *

 ペルーの高原に思いをはせながら、煮物にでもしていただくことにいたしましょう。

 (撮影:アマカに滞在中の写真師オザキさん)
2011/08/17 11:47|食べ物・飲み物TB:0CM:2

宮古島マラソン申し込みあと一カ月


 ランニング愛好者のメイン・イベント「宮古島マラソン」(11月13日開催)の申し込み締め切りまであと一カ月となりました。
 チーム・アマカ事務局からは、昨日2名がハーフの部にエントリーしました。
 迷っている方は、この際、びしっと申し込んでしまいましょう。

 つきましては、大会参加メンバーの意気昂揚とらくらく完走のため、事務局では「東京練習会」を企画しました。

  *  *  *

●宮古島マラソン直前強化「東京練習会」

主催:チーム・アマカ事務局
日時:10月16日(日) 午後(練習後には懇親会開催)
場所:皇居周回道路

大会1か月前にあたり、皇居4周(約20キロ)の強化練習をおこないます。
大会参加選手は準備万端怠りなくお集まりください。
今大会不参加の方、これからジョギングを始めようとしている方、練習見学の方も歓迎いたします。

なお、チーム・アマカ事務局からは練習監視員としてラテオジを派遣いたします。
練習終了後は東京支部長金ちゃん幹事による選手壮行懇親会を催しますので、近隣在住のみなさまもふるってお集まりください (懇親会だけの参加も歓迎です)。

*集合場所等の詳細は後日ご連絡いたします。

 
2011/08/13 08:20|民俗・行事TB:0CM:1

これなあに。


 なんて可憐なのでしょう。
 食べてしまうのはもったいない。

 あるものは絹のような白、また葉のような緑、そしてこんな宝石のような青。
 「ひとつひとつ、模様が違うんだ」とおじさん。

  *  *  *

 ふと出会った島ンチュのおじさんに、「ちょっと見てみるか」と案内していただきました。
 おじさんは試験的にシャコガイを養殖しています。
 水槽の中は、色とりどりの海草が繁っているように見えました。
 シャコガイの身は「白」と思っていましたから驚きです。

  *  *  *

 シャコガイ大好きです。
 ワタごと小さくく刻むと、海の香りと苦みがいい具合に混ざって、コリコリそしてねっとり。

 水槽から二ついただいて帰りました。
2011/08/08 08:31|自然TB:0CM:2

宮古の古歌、スイスの映画祭へ


 宮古島・伊良部島で歌い継がれる古歌を追ったドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・ミャーク」(監督大西功一、音楽久保田麻琴)が、スイスで開かれる第64回ロカルノ国際映画祭に招待されました。

 ドキュメンタリーを対象とした「批評家週間」で、 「世界における7本の秀作ドキュメンタリー」の1本として8月7日、8日(現地時間)に上映されます。7作品からグランプリ1本が選ばれるそうです。
http://www.semainedelacritique.ch/2011/sketches.html

  *  *  *  

 映画撮影にあたっては少しお手伝い、いやいや邪魔したものですから、大いに楽しみです。

 今年11月4日の宮古島市中央公民館を皮切りに、伊良部島でも一般上映会が予定されています。
 那覇や東京でも公開調整中とのことです。

 映画と同時進行で制作したCDはすでに発売中です。
http://item.rakuten.co.jp/felista/00000935848/
2011/08/01 08:43|民俗・行事TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.