FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

三人若衆、大漁に笑う


 リューちゃん3人組がイセエビ釣りに挑戦しました。
 初体験にもかかわらず、ちっちゃめですがご覧のイセエビ2匹、アカモンガニ2匹のほか、イシダ、アカユ、ハスナガをそれぞれ1匹づつ釣り上げました。
 (イシダ、アカユ、ハスナガは、女の子の名前ではありません。)

  *  *  *

 秘密の釣り場へは伊良部島佐良浜港から小舟で渡ります。

 カツオの刺身をつついたり、ビールや島酒をぐびぐびやりながら糸を垂らします。
 かなたに宮古島の中心地平良の街の灯が瞬いています。
 星も見えます。

 イセエビ釣りで肝心なのは、いかに迅速に引き上げるかです。
 食いついても引き上げでバラす可能性が大きいのです。

 暗闇の岩陰にエビの気配は濃厚です。
 うまく手繰っていれば、今夜、エビだけで両手はせしめられたと思います。

  *  *  *

 アマカに戻って、エビとカニは大鍋でゆで、雑魚はマース煮(塩煮)にしました。
 味?
 いらっしゃーーい!
スポンサーサイト



2009/04/29 08:25|食べ物・飲み物TB:0CM:7

happy birthday


 伊良部島名物「うずまきパン」をご存じでしょうか。

 知らない方は、ロールケーキの大ぶりなのをご想像下さい。
 白いバタークリームが巻かれていますが、砂糖が粒のまま入っているので、ちょっとジャリジャリする食感が特徴です。
 初めての方は物珍しさで買い求め、過度とも思える甘さにやや辟易し、ケーキとは違うパンのポサポサ感にも好感を持てず、「名物にうまいものなし」の印象を残すようです。

  *  *  *

 しかし!
 みなさんは「うずまきパン」の真価をわかっていない!
 これはどんな食べものでも鉄則ではありますけれど、
 パン屋さんが届けたばかりの焼き立てを食べてごらんなさい。
 ふわふわでまだ温かいパンには、そのきつめの甘さがよく合います。
 とろけるようなクリームの中にほんのりジャリっとしたアクセントがあり、紅茶に添えても悪くない。
 おやつとしてだけでなく、私はワインのつまみにもしています。

  *  *  *

 今夜はメロンパンダさんの誕生日。
 うずまきパンにろうそくを立ててささやかなお祝いをしました。
 釣り師しげちゃんが用意してくれた、地元産パパイヤとシャコガイの刺身もにぎやかです。
2009/04/27 11:53|食べ物・飲み物TB:0CM:2

泣いた、泣いた


 やっとのことですが、これでも私はフルマラソンを走ったことがあります。
 でもトライアスロンはその比ではありません。
 すさまじい!

  *  *  *

 全日本トライアスロン宮古島大会。

 レースは朝7時に始まったのに、まだ半分以上のアスリートは走り続けている。
 市街地には提灯がともり、声援がいっそう熱を帯びてきた。
 最後の種目マラソンもすでに最終盤で、制限時間の21時が迫っている。

 競技者の体はもう限界。
 顔はゆがみ、足はボロボロでほとんど前に出ていない。
 みな気持だけで走っている。
 知り合いを見かけたが、普段とはまるで違う、別人の形相だった。

 どうしてそこまで頑張れるのか。
 声援を送っていて、こちらの涙があふれてきました。

  *  *  *


 トライアスロンの華リサ・スティッグマイヤーさんが、どこか怪我でもしたのでしょうか、今大会は応援に回っていました。
 ベッキーのお姉さんといった感じで、すらっとした、やっぱり美人でした。
 『おくりびと』に出演していた峰岸徹さんも、宮古島トライアスロンの常連でした。 
2009/04/20 14:58|未分類TB:0CM:2

3色のサトウキビ畑

 自転車で、伊良部島の内陸部、見晴らしの良い場所へいきました。
 周りはほとんどがサトウキビ畑。
 海ばかりでなく、こんな景色もいいものです。

  *  *  *

 今シーズンのキビ刈りが終わり、
 白っぽくキビのかすが枯れ残っている畑、
 この夏の植え付けに備えてもう耕された茶色の畑、
 去年の夏に植えた若いキビの緑が鮮やかな畑、
 ときれいに3色に分かれています。

 キビ刈りのことを、農家の人はふつう「キビ倒し」といいます。
 サトウキビは生育するとほとんど竹のような硬さになり、ナタを使って切り倒します。
 コツもあるのでしょうが、かなりの重労働です。

 毎年何人か、内地から若者がキビ倒しのバイトにやってきます。
 その彼らの姿も今は畑から消え、農家の方たちもほっと一息ついている春の伊良部です。

  *  *  *

 この日曜日19日には、夏の訪れ、トライアスロン宮古島大会が開かれます。
 朝7時のスイムのスタートから、最終ゴール時間の夜9時まで、丸一日応援に出かけるつもりです。
2009/04/17 15:18|自然TB:0CM:9

テラスでうとうと


 ぽかぽか暖かいので、午後、テラスのハンモックでうとうとしました。
 もちろん、手の届くところにオリオンビールを置いて。

 私のお気に入り、ブラジル製ハンモックです。
 飾りの編みひもがおしゃれでしょ。

 爽やかで、目を閉じると、アマゾン川下りのデッキにいるような気がしてきます。

  *  *  *

 先日あるゲストが、
 「ハンモックって布なんだ」といってちょっと驚き、
 その寝心地をよろこんでいました。

 布といっても、シーツのような薄手ではありません。
 綿の太い糸をしっかり織り込んだ、厚く、どちらかといえば重い布です。
 さらっとした感触で肌にしっくり馴染み、体がソフトに包み込まれます。

  *  *  *

 北海道のナオちゃんは腰痛持ち。
 何度かアマカに泊まってくれましたが、一度も布団は使いませんでした。
 ハンモックは、腰が自然なカーブをえがくので、負担がかからず寝られるんですって。

 そして夏は、涼しい。
 伊良部島。
 いい季節になりました。
2009/04/09 15:39|未分類TB:0CM:5

海びらきなのに…


 4月5日は宮古島地方の海びらきでした。
 東急リゾートのある与那覇前浜ビーチでは、水着のぴちぴちギャルが集まって、恒例のセレモニーなどもおこなわれたようです。

 しかし、私は走らされました。
 オリックス・バファローズがキャンプする野球場のまわりです。
 レギュラーのナガタさんが仕事の都合がつかず、補欠の私が駆り出されたわけです。

  *  *  *

 第13回全宮古マスターズ駅伝競走大会。
 8人のリレーです。
 わが伊良部長距離会は、花の1区でヒロミさん♀が快走し、5位を100メートル以上離した4位で2区の私にタスキをつなぎました。

 ご覧の写真は、私が慣れないタスキを肩に通そうとしてモタモタしています。
 間もなく、かなりのお年寄りランナーにあっさりかわされ、みるみる離されました。
 そのままチームは悪い流れを脱せず5位のままでゴールし、昨年大会の4位から順位を落としました。

  *  *  *

 「デイゴ散る」これは沖縄の大学の不合格電報のようです。
 伊良部島平成の森公園では、花の盛りを過ぎたデイゴの木がわびしく立っていました。

 
2009/04/06 11:03|TB:0CM:8

デイゴの花が咲き~


 昼下がり。
 ダンボールを一枚もってバタエビジの岬に来ました。
 環礁に近い穏やかな海です。
 どこを見てもだれもいません。

  *  *  *

 チクチク尖った岩場に、ちょうど背中が入るくぼみを見つけて段ボールを敷く。
 空も海も見渡せる角度に頭もうまくおさまった。

 オリオンサザンスターはいわゆる第3のビールで、コクがなくて雑味のあるしろものだが、缶の色のイメージがそうさせるのか、アウトドアにはつい連れてきてしまう。

 居眠りして小一時間。
 何も起きない。

  *  *  *

 島の春。
 本土は桜、沖縄はデイゴの花が本格的な春を告げます。
 という話はよく聞くのですが、伊良部島にデイゴの木は数えるほどしかないそうです。
 (宮古島だってそんなにあるとは思えません。)
 私はどこにあるのかも知らず、まだ一度も見ていません。
2009/04/02 09:15|自然TB:0CM:4

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.