FC2ブログ

寒いのと花粉がイヤで南の島に逃げてきたラテン系マラソン管理人のブログ

プロフィール 

ラテン系マラソンおじ

Author:ラテン系マラソンおじ
本場中南米製ハンモックで眠るゲストハウス「カサ・デ・アマカ」管理人。07年7月、寒いのと花粉がイヤで北関東から沖縄の離島・伊良部島へ逃げてきました。ヘビ年生まれのサソリ座。facebookは「カサ・デ・アマカ/Casa de hamaca」で登録しています。

最近の記事 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

ブログ内検索 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

RSSフィード 

最近のトラックバック 

フリーエリア 

2016/9/28 Mi platano grande 俺のバナナ

DSCF6901.jpg
Kさんから自家栽培の「三尺バナナ」をいただきました。
残念ながら名産「島バナナ」はすぐに*チャミられるので在庫はないそうです。

こうやって吊るしておくと数日で食べ頃に熟します。
ただ一気に熟すので一気に食べなければなりません。
難点です。

(*注)チャミる=盗む、がめる
スポンサーサイト



2016/09/28 09:16|食べ物・飲み物TB:0CM:0

Asado argentino アマカでアルゼンチン

DSCF6702.jpg
牛と豚約3キロ、7人前。
ブロック焼きだから、表面の焦げ目でうまみをがっちりブロック。
中は時間に応じてレアでもミディアムでもお好きなように。
2時間ほどが食べごろでしょうか。

味の決め手は岩塩と黒コショウです。
豚にはあらかじめニンニクをすりこんでおきます。
2016/06/29 13:01|食べ物・飲み物TB:0CM:2

Asado! アサード

DSCF6700.jpg
亜国のスーパースター、メッシが代表引退を表明しました。
当然私もセレクシオン背番号10のレプリカユニフォームを持っています。

今夜は、メッシを讃えアルゼンチン風焼肉アサードの会を催します。
本来は大平原で焚火を使って焼くものなので、材料はいたってシンプル。

肉、ジャガイモ、レタス。
遠火でじっくり焼き上げます。
2016/06/28 08:54|食べ物・飲み物TB:0CM:0

2016/4/29 Un café sin cafeína, por favor. デカフェください

DSCF6574.jpg
珈琲には、ほかの飲み物にはない充足感がある気がします。
それはカフェインによるものとずっと思っていました。

このところ訳あってノンカフェイン珈琲を飲んでいます。
でもやはり、一口すすればほっとするし、何だか落ち着くし、ひと区切りつけることができます。
十六茶なんか飲んだ後のスカスカ感とはかなり違う。

カフェインではない充足感のもとって何なのでしょう。
2016/04/29 16:55|食べ物・飲み物TB:0CM:2

Mojito モヒート

DSCF5511mo.jpg
アマカはうらぶれた宿ですが、二つだけ自慢できることがあります。

一つは夕暮れ時に飲むモヒート。本場の味です。
キューバはハバナの名店に通い、じっと見つめて作り方を盗んできました。
ただ、作り方はいたって簡単。コツはたっぷりミントを入れること(ほかのコツは内緒)。


自家栽培のミントを刈りつくしてしまったのでこれにて当分はオーダーストップです。

も一つの自慢はもちろん本場南米のハンモック。
夏の風との取り合わせは特によろしいようで。
2015/07/15 09:29|食べ物・飲み物TB:0CM:0

ウブシュの血合い

DSCF5132.jpg
DSCF5136.jpg
ウブシュまたの名をスマガツオ。
先日もお伝えした通り、冬場に颯爽と現れる、脂の乗った粋なお兄さんです。
セナに出自を物語るサバ模様の入れ墨、頬にはうっすらと4つの喧嘩斑点。なかなかのこわもてです。

「足が速い」のがいいのか悪いのか。
さばき屋ガジュマルさんが言いました。
「釣った日、さばいている今が勝負。みんなに披露する前に、ここでチアイを食べる!」
ええ? マグロもそうですが、普通「血合い」は生臭い。すべて切り落として処分。残りが刺身になります。

驚きました。ただ黙して目をみはるのみ。
生臭さ皆無。強い味があるわけではなく、かといってないわけではない。例えること不能。とろっと滑って喉の奥へ落ちる。
敢えて、敢えて言うなら新鮮なレバ刺しに近い。

(皿の手前がウブシュの血合いです。少し赤っぽく写っていますが、実物は黒に近い。どうです、伊良部島の冬!)
2014/12/22 10:56|食べ物・飲み物TB:0CM:0

松ちゃんのウブシュ

DSCF5128.jpg
ウブシュは島の冬で最も珍重される魚です。
少量が市場に上がるとうわさがさっと広まり、あっという間に売り切れます。
形はカツオ、模様はサバのようであり、身はカツオよりも濃い赤、季節がら脂がしっかり乗っています。

島のとあるポイントで、釣れない釣り師松ちゃんが、回遊している一匹をヒットしました。60センチ。何と2年ぶりのウブシュでした。

刺身は脂に臭みなし、しっとりした舌触り、白いご飯によく合いました。
ほかにあら汁、ステーキのメニューで5人分十分に賄えました。
2014/12/14 16:29|食べ物・飲み物TB:0CM:0

ボンビージャ

IMGP274440.jpg

これがテレレのセットです。ボンビージャという金属製のストローを使って吸います。先っぽは網状なので茶葉を濾せます。
ホットでマテ茶を飲むときは、手が熱くならないよう木の実をくりぬいたグアンパという容器を使います。

伊良部では15年ぶりのデンタル・フェア(宮古島市歯科医師会主催)開催だそうです。私も衛生師さんの見学に出かけます。
2014/06/07 09:31|食べ物・飲み物TB:0CM:0

Tereré, Asunción, Paraguay

IMGP272220.jpg

パラグアイの首都アスンシオンにて。暑いです。

たいていどの公園でもテレレを売っています。茶葉はマテをベースに、たとえばドクダミやミントなどの薬草をいくつか、おばちゃんの工夫でブレンドします。胃腸にいいとか、疲れているとかの注文にも応じてくれます。
6、70円の料金と引き換えに、ボンビージャというストローを差した茶葉入りカップと、2リットルほどの氷入り冷水を受け取ります。あとは思い思いの木陰に移動してゆったりとやる。ブレンドによって味は様々ですが、暑い街中の散歩には欠かせません。涼!涼!
散歩する人々を眺めながらグビリグビリやっていると2リットルが飲み切れるから不思議。
そしてまた街歩き。
2014/06/05 08:37|食べ物・飲み物TB:0CM:0

収穫間近


 伊良部橋を下地島に渡ると、畑のなかを、一直線の道が真西に延びています。

 夏は左右一面にサトウキビが高く育ち、サワサワと風に吹かれています。
 しなった葉っぱが強い日差しにきらきら光っています。
 「ハワイのようだ」とゲストのまっちゃんは言いました。
 まっすぐに1.5キロ。やや傾斜があって、ジョギングやサイクリングだと、向かい風のときなどはいやになることがあります。

   *   *   *

 このサトウキビ・ロードに、冬季の今に限ってカボチャが栽培されています。
 キビに比べると景色が広々開けるので、先には青い海が見えています。
 
 北海道はじめ産地が寒くて栽培できない今、伊良部産カボチャはヤマトで重宝されるそうです。
 収穫そして発送間近。
 今年は出来がいいようです。
 スーパーで見かけたら、ぜひ南国のホクホクをお試しください。
2013/01/24 08:58|食べ物・飲み物TB:0CM:0

リンク 

このブログをリンクに追加する

FC2ブログランキング 

FC2ブログランキング

沖縄ブログランキングに参加しています

最近のコメント 

FC2カウンター 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.